リウマチの実例-1


10年以上前に罹患したリウマチが数回ほどで劇的に改善した実例です。

概要

50代 男性(2017年5月時点)

主訴:リウマチ(10年前発症)、B型肝炎キャリア

<以下は、初回来院時、ご本人からの聞き取り結果>

全身の関節が痛い、指が曲がらない(ボタンを止めることも困難な状態)。
痛みで夜も眠れない。
薬の影響でどんどん悪くなっている感じがする。
指圧をしてもらったら余計に痛くなった。

アザルフィジン、リウマトレックス、ボルタレンリマチル、ステロイドを服薬中。
服薬が増えても症状がどんどん悪化していて、手先は動かない、歩行も困難な状態になってきたので、もう入院治療しかないと言われていた。

 

初回

<施術後>
頸部の可動域について、回旋(首を回す動作)改善あり、後屈(首を後ろに反らす動作)・側屈(首を横に倒す動作)は改善せずきつい状態。
休憩時間に深い眠りに入られた(熟睡)。休憩(安定)時間終了後、規定通りの約1時間でお声掛けするが、眠りが深く全く目覚められる気配が無かったため、延長して眠って頂いた。

「こんなに眠れたのは久しぶり!いつも痛くて眠れないのに!びっくりした」とご本人から感想を頂いた。
来院時と比較して、かなりすっきりした表情をされているように見えるが、痛みや指の曲がり方は改善していない。

砂糖の接種を控えた方が、より効果が高まるというお話しをさせて頂きました。(色々な摂取を控える「引き算」の考え方)

2回目

<施術前聞き取り>

痛みで夜もぐっすり眠れないのは続いている。
初回施術後整体院で熟睡できたが、帰宅してからも更に眠ったとのこと。しかし翌日からはまた痛みが出て来て眠れていない。この療法を続けて、薬を減らしていきたいと希望されていた。

<施術後>

頸部回旋の動きが広がる。
初回同様、1時間半ほど熟睡される。

3回目

<施術前聞き取り>

前回受けた後からすごく身体が楽になっている。「本日は、御礼を言いに来ました」とお言葉を頂きました。
江坂の駅から整体院まで(約3分)歩いてくるのが、壁を伝ってくるような状態で歩行がきつかったのに、現在は普通に歩けるようになった。
指も動かしやすくなっている。
本日病院で検査結果をもらってきたが、血液検査の結果、リウマチの数値が大幅に下がっていた。

<施術後>

休憩・安定時間が終了して起きてこられ「知り合いに宣伝して回りたい!」と半ば興奮気味で話されていました。とにかく、痛みが殆ど無くなり、罹患前の状態に戻ってきている実感を持たれていました。

4回目

<施術前聞き取り>
身体の調子が上がってきた状態で維持している。
(ただし、当院の診断では、歪みは毎回戻ってしまう傾向にある。頸部可動域などは全体的にかなり改善されている状態だが、後屈にきつさが残っている。)

<施術後>
上から下まで、真っ直ぐに改善。遂にずっと取れなかった頸部後屈も改善した。
今回もお声掛けしてもなかなか目覚められないくらい熟睡された。

来院時と比較してすっきりした表情で疲れが抜けた感じに見える。
初回以降、砂糖の引き算を実行してくださっている。
香りが気になったので、香料の影響についてもお伝えする。(香料の引き算)

術後のお話で、磁気ネックレスを付けておられることがわかった。

「良くないのはわかっていたけど、スポーツ選手(プロゴルファー)としては何か首につけておきたい(お守りのようなもの)」

「むつう整体を行うのに近い波動を持ったアディオ・イフごいうペンダントなら、整体後も害にならないですよ」と説明させて頂いた。

服薬を減らしていきたいと強く思っておられ、種々の引き算の話に対しても前向きに受け入れて下さる。

5回目

2回で相当楽になり、病院での検査数値も下がり、前回以降、関節の痛みが全くなくなったとのことでしたが、来院して下さいました。
「10年前に患い、悪くなる一方で入院治療しかないと言われていたのに、いったい何が起こっているんでしょうか?」と、とても不思議な感覚のようでした。

現在では、関節が全く痛くなく、普通に過ごせる。また、家に変えると散歩に行きたくなる気持ちが芽生えるほどだそうです。

 

私達施術者から見ても、余りに劇的な改善例でした。

急性疾患であれば、たった1回でほぼ症状も消失するケースはありますが、10年以上前に罹患した上に服薬も行っていた方が、たった2回で大きな変化が起こり、どんどん良くなってしまわれました。

全てはその方の内側の力(イネイトインテリジェンス)がなせる技ですが、施術する側としてこれほど嬉しいことはありません。そして、幸せな気持ちになった事例でした。

※改善については個人差もあり、効果を保証するものではありません。

 

2017/9/7

ご本人に、その後の様子をお聞きするためにお電話させて頂きました。

そうするとご自身のFacebookに当院の情報をアップして下さっていました。

本当にありがたいです。今後のご活躍を期待しております。

※上記のFB記事では、膠原病と記載がありますが、関節リウマチは代表的な膠原病で、関節リウマチが膠原病の中でも最も多いと言われています。膠原病は、様々な疾患の総称です。