科学の目


レントゲン写真がイネイトの効果を証明した!

●頚椎の変化
頚椎は、7つの骨によって構成され、あるカイロプラクティックの理論では、半径18センチの前彎のカーブを描くことが理想的な状態を定義されています。
右の写真は、頚椎を横から写したレントゲン写真です。
イネイトの施術を受けた後には、後彎気味だった頚椎のカーブが、改善されていることが確認されます。

 

 

●背骨の変化
背骨は、頚椎・胸椎・腰椎の24個の骨により構成されます。心臓によって、胸椎に少しの彎曲はありますが、真直ぐの状態が理想です。
右の写真は、正面から背骨全体を撮影したレントゲン写
真です。
施術前と施術後、僅か40分後のレントゲン写真の比較ですが、イネイトによる変化をあらわれています。(平成13年5月21日 小学3年生(女子)を撮影)

 

 

全く触ることもなく波動共鳴だけで姿勢が矯正されるのですから、初めて受けた方時に、みなさん、物足りなく感じるようですが、身体の中では確実に変化していることがご理解いただけると思います。こういう骨格の変化により、一時的に症状が、緩和するだけではなく、健康レベルが上がり、体調も良くなり、症状が消失するのです。
健康管理としても、ご活用下さい。